用賀福祉作業所


 昭和63年3月、世田谷区手をつなぐ親の会として5番目の運営となる奥沢福祉作業所として開設。

平成18年に現所在地に移転。名称も用賀福祉作業所に変わる。

平成20年、法人へ移行とともに就労継続支援B型事業を開始。

 田園都市線・用賀駅から徒歩5分。利用者と全人格的な交流に努め、利用者と支援者が共に成長するとともに、利用者の希望や特性をいかし、それぞれの自立を支援しています。


支援方針

利用者一人ひとりの障害特性に配慮した作業支援・生活支援を行うことを軸とすると共に、利用者・職員お互いに寄り添い・協力し合う事業所を目指す。また、あらゆる社会資源と連携を図ることにより、利用者にとって過ごしやすい地域社会を目指す。


施設概要

● 名  称:用賀福祉作業所
● 施設種別:就労継続支援 B型事業所
● 運営主体:社会福祉法人せたがや樫の木会
● 所 在 地   :〒158-0097
      東京都世田谷区用賀 4-7-1
● 電  話:03-3708-5061
● F  A   X :03-3708-5062
● 定  員:22名
● 所  長:佐藤 和貴

● 田園都市線 用賀駅下車 徒歩5分

アクセス



日課・主な年間行事

9:00~ 9:20 

 出勤・更衣・ラジオ体操・朝の会

9:20~12:00

 作業(途中10分休憩あり)

12:00~13:00

 昼食・休憩

1:00~3:20

 作業(途中10分休憩あり)

3:20~4:00

 ティータイム・帰りの会・清掃・更衣

4:00

   退出

●日帰りレクリェーション
●ボッチャ大会
●スポーツの集い
●宿泊研修
●忘年会、納会
●グループ別所外活動
●自然体験学習



用賀福祉作業所はこんな施設です

 作業環境も含め、利用者一人ひとりの力が発揮できるような作業提供・助言等を行うことにより、自信と誇りを持ち喜びを感じられるような支援を行います。

 基本的生活習慣の確立及び社会性の充実を図り、自立・自己実現を支援を行うとともに余暇活動等の情報提供や機会を提供します。

 

作業支援

 作業環境も含め、利用者一人ひとりの力が発揮できるような作業提供・助言等を行うことにより、自信と誇りを持ち喜びを感じられるような支援を行います。

①生産活動

 ・受託作業

(各種封入・封緘、ラベル貼り、メニュー挟み込み、ポスティング、等)

 ・官公需(近隣公園清掃2か所)

 ・自主生産

(ステンシル製品製造、フラワーボンボン製造、手工芸品製造および販売)

②所外実習

 ・福祉喫茶等

③出向・販売等

 ・他施設やせたがやセレ部との共同受注作業

 ・各種イベントでの販売等

④生活支援

 基本的生活習慣の確立及び社会性の充実を図り、自立・自己実現を支援する。また、余暇活動等の情報提供や機会を提供します。

 ・基本的生活習慣の向上に向けての支援

 ・社会性の充実

 ・健康維持・余暇活動等に関する支援  等


所内の様子と作業風景の一部

私たちの製品はいここで購入できます。

●フェリーチェ喜多見本店(世田谷区喜多見)

●イトーヨーカ堂大井町店 福祉ショップテルベ(品川区大井町)

●ふじみ荘(世田谷区上用賀)

●喫茶ぴあ粕谷店(世田谷区粕谷)

●喫茶JOY(世田谷区三軒茶屋)

●図書館カウンター三軒茶屋(世田谷区三軒茶屋)

●図書館カウンター二子玉川(世田谷区二子玉川)

●KURUMIRU(都庁)

製品はインターネットからでもご購入いただけます

http://youga-fs.sakura.ne.jp/