法人の沿革


 本法人は、世田谷区手をつなぐ親の会の会員の長年の願いを実現するために設立した社会福祉法人です。障害があっても生まれ育った世田谷で「当たり前に笑顔で生活できるように」支え続けることが法人の使命です。

 平成10年5月の親の会総会で法人設立が決議され、関係所管官庁と協議・折衝を重ね、3年9か月の歳月をかけ平成14年2月27日付けで東京都の認可を得て28日に登記完了し社会福祉法人せたがや樫の木会は発足しました。


法人歴史年表

2002年2月28日(平成14年)

 社会福祉法人せたがや樫の木会 設立

  

2002年4月1日(平成14年)  

 世田谷区知的障害者ガイドヘルパー派遣事業の受託

 知的障害者援護施設(通所更生)「世田谷区立千歳台福祉園」受託経営

 知的障害者援護施設(通所授産)「世田谷区立下馬福祉工房」受託経営

  ≪両施設とも平成17年指定管理者委託へ切り替え≫

 

2003年4月1日(平成15年)

 指定居宅支援事業 「ヘルパーステーション樫の木設立」

 ≪平成18年10月、制度変更により障害福祉サービス事業所(居宅介護・重度訪問介護)へ移行≫

 知的障害者移動介護従業者養成研修事業(公益事業)を開始

 

2005年7月1日(平成17年)

 「児童デイサービスセンタープレイ&リズム希望丘」を開設し

 世田谷区障害児タイムケア事業(公益事業)を受託

 ≪平成18年10月、制度変更により障害福祉サービス事業所(児童デイサービス)へ移行≫

 ≪平成19年4月より障害児タイムケア事業(自主)へ移行≫

 

2008年4月1日(平成20年)

 千歳台福祉園=障害福祉サービス事業所(生活介護)へ移行 

 下馬福祉工房=障害福祉サービス事業所(就労移行支援・就労継続支援B型)へ移行

 区内民営福祉作業所4所の移行受け入れ

  「大原福祉作業所」 障害福祉サービス事業所(就労継続支援B型)

   「上町福祉作業所」 障害福祉サービス事業所(就労継続支援B型)

  「上町福祉作業所分場 喜多見福祉作業所」 障害福祉サービス事業所(就労継続支援B型)

  「用賀福祉作業所」 障害福祉サービス事業所(就労継続支援B型)

  

2009年5月1日(平成21年)

 世田谷区移動支援従業者養成研修運営を受託

 

2009年11月1日(平成21年)

 障害福祉サービス事業所「わくわく祖師谷」を開設 

 生活介護・就労継続支援B型の多機能型

 

2012年2月11日(平成24年)

  法人創立10周年 記念式典・祝賀会を実施

  

2012年4月1日(平成24年)

  児童デイサービスセンター プレイ&リズム希望丘が児童福祉法改定に伴い

 ①指定児童発達支援事業 ②指定放課後等デイサービス事業へ移行

 

2012年10月1日(平成24年)

  世田谷区指定特定相談支援事業・指定障害児相談支援事業「相談支援センターあい」を開設

 

2015年4月1日(平成27年)

  児童デイサービスセンター プレイ&リズム希望丘を「プレイ&リズム希望丘へ名称変更」

 

2015年6月1日(平成27年)

 グラン上町完成。上町福祉作業所を「上町工房」へ名称変更し定員を25名に増員

 法人として初の事業である、共同生活援助事業「どんぐりホーム上町」を開設

 

2015年8月1日(平成27年)

 短期入所事業(併設型)を「どんぐりホーム上町」に開設

 

2016年12月1日(平成28年)

 「相談支援センターあい」居宅介護支援事業・介護予防支援事業を開始

 

2017年4月1日(平成29年)

 「喜多見福祉作業所」を本場化

 「喜多見夢工房」へ名称変更及び「喜多見夢工房分室」を開設

 

2019年4月1日(平成31年)

 大原福祉作業所が「まもりやま工房」へ名称変更と移転、定員も40名に増員

 地域障害者相談支援センター ぽーときぬた開所 地域障害者相談支援事業を開始